香川 考司
(かがわ こうじ)

English Version


私の顔写真
よく覚えていないが 2006年ころ?撮影 (ちょっと古い)
2015年度まではこれでいきます。

香川考司に関する FAQ


略歴

1968年 10月 奈良県生まれ
1996年 3月 京都大学理学研究科数理解析専攻 博士課程修了
現在 香川大学工学部 電子・情報工学科 情報環境コース 准教授

研究分野

専門はプログラミング言語、特に型システムです。 関数型と命令型パラダイムの融合、 型推論のオブジェクト指向や並列言語への応用に興味を持っています。 また、学生と一緒に Webベースのプログラミング学習支援システムの開発に取り組んでいます。


担当授業

おもにプログラミング、プログラミング言語の実装・意味論に関する講義や演習を担当しています。

科目名 配当学期 主な学習項目
プログラミング(1年後期) C言語を対象、 条件分岐・繰返し・配列・関数・再帰など、 手続き型プログラミングの基礎概念
交替で 3 年に 2 度程度担当します。 2015年度2014年度 2011年度以前は「プログラミング Ⅰ」という科目名でした。 2011年度2008年度
プログラミングⅡ(2年前期) C言語の構造体・ポインタ・文字列処理・ファイル入出力など
2012 年度まで交替で 3 年に 1 度程度主担当でしたが、現在は主担当から外れています。 2013年度以降は「電子・情報プログラミング」という科目名になっています。 2012年度2009年度
コンパイラ(3年前期) プログラミング言語処理系の仕組み (主に字句解析・構文解析)
  2016年度 2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度
2009年度以前は「プログラム言語論」 (2年後期)という科目名でした。 2009年度2008年度2007年度
コンパイラ・データベース演習 (3年前期) (15週のうち 7週を担当) 上記「コンパイラ」に対する演習
  2016年度 2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度
2009年度以前は「システムソフトウェア演習」 (2年後期)の一部でした。 2009年度2008年度2007年度
オブジェクト指向言語 (3年前期) Java言語を対象、 オブジェクト指向プログラミングの基本概念 (継承・カプセル化・動的束縛など)
  2016年度 2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度
2009年度以前は 「計算機ネットワークⅠ」(3年前期)・ 「計算機ネットワークⅡ」(3年後期)の半分ずつにわかれていました。 2009年度(, )、 2008年度(, ) 2007年度(, )、
ソフトウェア工学演習Ⅱ(3年前期) (15週のうち7週を担当) 上記「オブジェクト指向言語」に対する演習
  2016年度 2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度
情報環境実験Ⅱ(3年後期) (15週のうち5週を担当) 上記「オブジェクト指向言語」に対する演習 (上級編)
  2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度
2009年度は「情報システム演習」、 2009年度
2007,08年度は「ソフトウェア工学演習」の一部でした。 2008年度2007年度
プログラミング・パラダイム(大学院 3Q) Haskell を対象、 高階関数・モナドなど関数型プログラミングの諸概念
プログラミング言語意味論(大学院 4Q) λ計算とさまざまなプログラミング言語の“意味論”の基礎
  (授業ホームページは「プログラミング・パラダイム」「プログラミング言語意味論」 共通です。)
2015年度2014年度2013年度2012年度
2011年度以前は2つあわせて「プログラミング言語特論」という半期の授業でした。 2011年度2010年度2009年度2008年度2007年度

香川考司 (kagawa _at_ eng _dot_ kagawa-u _dot_ ac _dot_ jp)

〒 761-0396 高松市林町 2217-20
香川大学工学部電子・情報工学科
電話: 087-864-2212、 FAX: 087-864-2262 (学科共通)