香川研究室について

香川研究室では、主に次のような研究を行っています。

香川研究室ホームページ


プログラミング言語処理系

魔法の杖

コンピューターへの指令であるプログラムを書くためには、 プログラミング言語という人工的に設計された言語を使います。 コンピューターが魔法の杖(ツエ)、 プログラムが魔法の呪文だとすれば、プログラミング言語は呪文体系です。

これまでに、多くのプログラミング言語が設計され、使われています。 プログラミング言語によって、得意分野が異っていて、使い分ける必要があるからです。

参考リンク

香川研究室では、信頼性の高いプログラムを、楽に早く作成することができる、 そんなプログラミング言語処理系の設計に貢献したいと考えています。

プログラミング学習支援システム

素晴しいプログラミング言語があっても、それを使いこなせる人が少ければ意味がありません。しかし、プログラミングとプログラミング言語の学習は難しく、早い段階でつまづいてしまう人もいます。

香川研究室では、いろいろなプログラミング言語を楽しく学べるように、 学習者を支援する次のような Web ベースシステムを開発しています。

システムの開発には、C, Java, JavaScript, Haskell などのプログラミング言語や、 WebGL, Blockly, CodeMirror などのライブラリー、Bison/Flex などのツールを使用します。


Koji Kagawa