プログラミング 2019


2019年度後期・水曜Ⅳ、金曜Ⅳ(–Ⅴ)コマ
担当: 香川・絹田
TA: 植・木村・久保・佐野・朝野

情報システム・セキュリティコース/情報通信コース向の「プログラミング」の情報を掲載します。 (シラバス

シラバスの訂正:「成績評価の方法と基準」
「合格要件に達しない場合、追加課題などを課す。」→
「合格要件に達しない場合、追加課題などを課す場合がある。」

現在の課題

お知らせ

(新しいものほど上です。)

(← これ以前のお知らせの開閉)

評価

演習科目であるため、全回の出席を前提とする。毎週の課題(30%)、小テスト(クイズ)と中間試験 (30%)、期末試験(40%)で採点し、授業の目標達成が確認できた者に単位を認定する。

なお、合格/不合格の判定については、単純な加算で 60点以上を合格とするが、 秀・優・良・可の判定については、割合を考慮して調整をすることがある。

毎週の課題の採点基準

その他

コンパイル・実行の方法

(← 開閉)

皆さんのノート PC や大学の PC には「Microsoft Visual Studio Express」 というコンパイラがインストールされているはずです。 インストールされていない場合は、 香川大学創造工学部学生向け Webサイトから、「ノートPC設定方法」というページを 見つけてインストールして下さい。インストールするときに、 「C++によるデスクトップ開発」にチェックをするのを、 忘れないようにしてください。 (Visual Studio のバージョンは 2012 以降にしてください。 2010以前はデフォルトの文字コードが異なるため、UTF-8 で保存されたソースコードをコンパイルできない可能性があります。) インストール後「ヘルプ」—「Microsoft Visual Studio のバージョン情報」で、 「インストールされている製品」に 「Visual C++ 20??」が入っていることを確認しておいてください。

エディタは notepad++, サクラエディタなどを推奨します。 サクラエディタの場合、「設定」−「共通設定」−「ファイル」−「ファイルの排他制御」 −「排他制御」を「しない」に変更しておくことをおすすめします。

以下では hello.c という名前のソースファイルをエディタで作成したとします。

  1. 「開発者コマンド プロンプト」を「アプリ」画面の ─「Visual Studio 201?」 ─ 「開発者コマンド プロンプト (Developer Command Prompt) for VS201?」から起動します。

  2. 「開発者コマンド プロンプト (Developer Command Prompt)」で hello.c を作成したディレクトリに移動し、 以下のコマンドでコンパイラを実行します。

      cl hello.c
    

    これで、hello.exe というファイルができているはずです。

  3. 以下のコマンドで、このプログラムを実行します。

      hello
    

もう少し詳しい、コマンドプロンプトでのコマンドなどの使用法の説明を C のプログラムの作成とコンパイルの手順というページにまとめました。

配布プリント

課題

現在の課題

(管理者用) データの更新 Quiz集計 管理用インデックスインデックス10月 11月 中間 12月 01月 02月 期末)、

過去の課題

(← ここ以前の課題の開閉)

第 23 回 01/08(講義)(6章「関数」つづき、8-4 節「再帰的な関数」、7章「基本型」)
7-2節 の中の「ビット単位の論理演算」、「シフト演算」、 「オーバーフローと例外」は除く。

着席位置

(スタッフ専用) 位置確認,

List 6-16 List 6C-1 List 6-17 List 6-18 List 6-19
List 8-7     hanoi.cハノイの塔を試すtree.c (グラフィックス作成ページ) 再帰の例 1問: このプログラムの出力結果はどうなるか?)
List 7-1

第 24 回 01/10(演習)

着席位置 課題アップロード

(スタッフ専用) 位置確認, 提出状況チェック, 表(01月分)

課題に対するコメント

第 25 回 01/15(演習 ❗)

着席位置 課題アップロード

(スタッフ専用) 位置確認, 提出状況チェック, 表(01月分) simpleGradation 用myGraphics 用再帰グラフィクス用

課題に対するコメント

第 26 回 01/22(講義)(7章「基本型」つづき)
7-2節 の中の「ビット単位の論理演算」、「シフト演算」、 「オーバーフローと例外」は除く。

着席位置 クイズ

(スタッフ専用) 位置確認, クイズ成績 (位置

クイズに対するコメント

List 7-2 List 7-3 List 7-4 List 7-5     sizeof.c     List 7-9 List 7-10 List 7-11 List 7-11a List 7-12

第 27 回 01/24(講義)(8章「いろいろなプログラムを作ってみよう」)(演習)
8-1 節「関数形式マクロ」、8-2 節「ソート」、8-3 節「列挙体」を除く。ただし、 8-1 節の中のコンマ演算子は扱う。

着席位置 課題アップロード

(スタッフ専用) 位置確認, 提出状況チェック表(01月分)

課題に対するコメント

List 8-8 List 8-9 List 8-10 List 8-11

中間テスト(ペーパー・オンライン)・再々挑戦

着席位置 課題アップロード

(スタッフ専用) 位置確認, 提出状況チェックjan24_1.c 用jan24_2.c 用

第 28 回 01/29(講義)

着席位置

(スタッフ専用) 位置確認,

授業外学修の意識付けに向けた振り返り調査, QR コード

プログラミング言語 Python, Python 処理系のインストール,
TIOBE index, GitHut, Programming Languages Influence Network,

第 29 回 01/31(演習)

着席位置 課題アップロード

(スタッフ専用) 位置確認, 提出状況チェック表(01月分)

課題に対するコメント

1/31 の課題の採点結果は 2/4(火)23:59 までに提出されたものについては 2/7 のオンライン試験までに公開する予定です。

それ以前の課題の(再)提出についても、2/4(火)23:59 までに提出されたものの採点結果は、 2/7 のオンライン試験までに公開する予定です。

その以降は、2/11(火)の 23:59 までに(再)提出された課題を 2/14 までに採点する予定です。

採点は 2/12 〜 2/14 までの間に実施するものが最終となります。1/31 の課題については、 再提出の機会が一度しかないので注意してください。

第 30 回 02/05(講義)

着席位置 クイズ期末テスト過去問

(スタッフ専用) 位置確認, クイズ成績 (位置

これまでの正解率が低い課題・クイズの解説と、過去問の解説を行う予定です。

また、カリキュラムアンケート、学部1年生アンケートも実施します。

第 31 回 02/07(期末テスト)オンライン

オンラインテストは、教科書・プリント・ノートなど持込み可、 (ペーパーテストは、持込み不可) です。

着席位置 オンラインテスト問題アップロード

(スタッフ専用) 位置確認, 提出状況チェック提出状況チェック(表)feb07f_1.c 用feb07f_2.c 用feb07f_3.c 用feb07f_4.c 用

第 32 回 02/12(期末テスト)ペーパー

ペーパーテストは、持込み不可、 (オンラインテストは、教科書・プリント・ノートなど持込み可)です。

2019年度期末テスト(オンライン・ペーパー)解答例

期末試験で合格者が極端に少ない場合に、救済試験を実施する可能性があります。 実施する場合、日程は 2/26 〜 2/28 の間になります。

救済試験を実施する場合、対象者には 2/19 までに連絡する予定です。

現在の課題

2/18(火)の 13:00 頃に救済試験対象者にメールを送信しました。 (クイズ・演習・中間・期末を総合して、50点以上60点未満の人が対象です。) メールを受け取っていない人は、合格(または不合格)が確定です。

02/26(期末テスト・救済試験)ペーパー

ペーパーテストは、持込み不可、 (オンラインテストは、教科書・プリント・ノートなど持込み可)です。

02/26(期末テスト・救済試験)オンライン

オンラインテストは、教科書・プリント・ノートなど持込み可、 (ペーパーテストは、持込み不可) です。

着席位置 課題アップロード

(スタッフ専用) 位置確認, 提出状況チェック提出状況チェック(表)feb26f_1.c 用feb26f_2.c 用feb26f_3.c 用feb26f_4.c 用

今後の課題

※予定は変更の可能性があります。

(← ここ以降の予定の開閉)

教科書

以下の教科書の、おおむね第 1 〜 8 章に相当する部分を扱います。

新・明解C言語入門編 柴田 望洋 著 SBクリエイティブ ISBN978-4-7973-7702-6

ただし、7-2 節 の中の「ビット単位の論理演算」、「シフト演算」、「オーバーフローと例外」、 8-1 節「関数形式マクロ」、8-2 節「ソート」、8-3 節「列挙体」を除きます。ただし、 8-1 節の中のコンマ演算子は扱います。

索引全ソースプログラムは、 是非、ダウンロードページから入手して、 索引は印刷しておいてください。

この授業でやらないこと

上記の教科書や C 言語の標準的な解説書:

プログラミング言語 C 第 2 版 B.W. カーニハン, D.M. リッチー 著 石田 晴久 訳 共立出版 ISBN 978-4320026926 ※原著 The C Programming Language, 2nd Edition Brian W. Kernighan, Dennis M. Ritchie Prentice Hall ISBN 978-0131103627

に書かれている事柄で、この授業で取り扱わない(主な)項目は以下のとおりです。

文字列、 ポインタ、構造体、ファイル入出力、(ここまでは2年生の「中級プログラミング」で扱います。)

ビット演算子、goto 文とラベル、 関数形式マクロ、列挙体 (enum)、 共用体 (union)、ビットフィールド、分割コンパイル、 動的メモリ割当て (malloc と free)、(これらは2年生以降の各授業で必要に応じて紹介します。)

Koji Kagawa